洋食器 | ヨーロッパ輸入洋食器専門店 | 株式会社 創美

HOME洋食器情報館 > ブランドのご紹介

ブランドのご紹介

一部のブランドは実店舗・オンラインショップ限定の商品もございます。
ご質問やご相談については、お電話 (03-5806-0461) 又は、メールフォームからお問合せ下さい。
※カタカナ50音順にブランドをご紹介致しております。

IRISH DRESDEN-アイリッシュドレスデン
IRISH DRESDEN-アイリッシュドレスデン
ドイツのチューリンゲンのミューラー社発祥のアイリッシュドレスデン。ミューラーの子孫は第二次大戦後、数々の型と技法を抱え西ドイツへ亡命しさらにアイルランドに渡り現在のアイリッシュドレスデンを設立します。ブランド名に歴史あり。繊細な磁器レースを駆使したフィギュリンは独自の華やかな場面を演出します。
AUGARTEN-アウガルテン
AUGARTEN-アウガルテン
1717年、ハプスブルク家の支配下にあるウィーンにデュ・パキエ(マリア・テレジアの父)によって磁器窯を設立しました。
強い関心を持っていた女帝マリア・テレジアの援助によって窯を国営化して以来、独自性を打ち出して発展を迎えました。
IITTALA-イッタラ
IITTALA-イッタラ
イッタラの多様なデザインは奇をてらったものではありません。日常生活の楽しい演出と飽きずに使えるという相反するテーマを追求した結果です。
さまざまなデザイナーによる考案にもかかわらずお互いのコーディネイトがマッチするのはそのテーマが脈々と流れているからに他なりません。
WEDGWOOD-ウェッジウッド
WEDGWOOD-ウェッジウッド
イギリス近世陶工の父ジョサイア・ウェッジウッドが「女王陶器」クィーンズ・ウェアと呼ばれるクリーム色の陶器を作り上げたときにウェッジウッドの歴史がはじまります。
AYNSLEY-エインズレイ
AYNSLEY-エインズレイ
1775年、ジョン・エインズレーによって設立されきめ細かな白い地肌に鮮やかな色合いは多くの皇族、貴族の賛辞を集めています。
全体的にフルーツが豊かに描かれゴールドが美しさを引き立たせるオーチャードゴールドはエインズレイの中でもひときわ豪華な逸品です。
EGERMANN-エーゲルマン
EGERMANN-エーゲルマン
赤いガラスで有名なエーゲルマンはボヘミアガラス工房の一つです。
ガラス職人B.F.エーゲルンマンによって開発された繊細なエイングレーブを施した赤色のガラスはボヘミアの古典的工芸品として大切に継承されています。
HERMES-エルメス
HERMES-エルメス
1837年パリのランバール通りにティエリ・エルメスが高級馬具を開いたのが始まりです。
テーブルウェアの分野においても1984年に一作目の「ピヴォワンヌ」を発表。
「彩り鮮やかなスカーフ」をイメージに、エレガントな世界を再現しました。
CARLSBAD-カールスバード
CARLSBAD-カールスバード
世界の4大ブルーオニオンの一つで、美しいコバルトカラーに多くの愛好家が称賛を寄せました。 現在400種類ものアイテムを生産し良質の磁土を産出するチェコのカルロヴィ・ヴァリで作られるカールスバードのブルーオニオンはそのお求め安い価格で気軽な普段使いとして人気を集めています。
CARPANELLI-カルパネリ
CARPANELLI-カルパネリ
着色しない本来の素材を生かした本物の象嵌細工の仕上がりは他の追随を許しません。
工芸品 ともいえる細部へのこだわりと曲面を採り入れた独自のデザインが格調高いムードを演出します。
CRISTAL D'ARQUES-クリスタルダルク
CRISTAL D'ARQUES-クリスタルダルク
ヨーロッパの厳しい検査基準を満たした24%レッドクリスタル。
クリスタルダルクは高品質のクリスタル製品をポピュラープライスで実現したフランスのクリスタルブランドです。
KPM Berlin-ケーピーエム
KPM Berlin-ケーピーエム
プロシア王国のフリードリヒ大王によって1763年に創立されたKPMベルリンは18世紀ドイツの主要7窯のひとつに挙げられています。大王自ら陣頭指揮をとったこだわりが各作品のグレードの高さに表れています。
SPODE-スポード
SPODE-スポード
1770年に工場を創設したスポード社は、王室御用達メーカーとしてイギリス窯業界の中心的存在でありました。
18世紀中頃、材料の組成や技術を改良して質を向上させ丈夫で手ざわりも柔らかい優れたボーン・チャイナを完成。
SWAROVSKI-スワロスキー
SWAROVSKI-スワロスキー
虹色に輝くクリスタルは30%以上の酸化鉛含有率をもつスワロフスキーならではの特徴です。フィギュリン、アクセサリーなど世界中に多くのファンをもつ手作りのクリスタル工房。そのアイテムのバリエーションの豊富さは他の追随を許しません。
GEORG JENSEN-ジョージ・ジェンセン
GEORG JENSEN-ジョージ・ジェンセン
1903年にジョージ・ジェンセンにより創業される。
コペンハーゲンにつくられた小規模のジュエリーデザイン店は、やがてデンマーク王室ならびにスウェーデン王室御用達の名を頂くことになる。
SEVRES-セーブル
SEVRES-セーブル
フランス国立磁器製作所セーブルはその少量生産と国窯という他とは一線を画するブランドで「幻の陶磁器」と呼ばれます。テーブルウエア年産わずか2000ピース。総勢たった100人弱の職人により「一切品質を落とさない」ということのみを追求する国窯ならではの贅沢な姿勢を守り続けています。
SITZENDORFER-ジッツェンドルファ
SITZENDORFER-ジッツェンドルファ
世界で最初に磁器レース人形を制作発表したジッツェンドルファですが、現在レース職人は3名のみで希少な存在となっています。
DOME-ドーム
DOME-ドーム
メソポタミア時代に発明された「パート・ド・ヴェール」技法を継承する世界唯一のクリスタル工房ドーム。
アールヌーボー様式のすばらしい作品を今なお生み出し続けています。
NAO-ナオ
NAO-ナオ
リヤドロの姉妹ブランドのナオ人形はシンプルで可愛いアイテムで贈り物にも大人気です。
NACHTMANN-ナハトマン
NACHTMANN-ナハトマン
170年以上の歴史をもつナハトマンはクリスタル製造の伝統的技術と最先端技術両方を採り入れてバラエティ豊かなラインアップを誇るバイエルンの工房です。商品開発にも意欲的でクリスタルテーブルウェアの新提案には目を見張るものがあります。
BACCARAT-バカラ
BACCARAT-バカラ
ロレーヌ地方にある小さな村でクリスタル・バカラは生まれました。
1764年にルイ15世の許可を受けて創設され1823年のパリ国民博覧会では金賞を射止めてルイ18世を始めとする王候貴族たちに愛用されてきました。
VILLEROY&BOCH-ビレロイ&ボッホ
VILLEROY&BOCH-ビレロイ&ボッホ
武具職人のボッホ親子が設立したボッホ窯が1836年にビレロイ一族の参画を受け入れてビレロイ&ボッホとしての歴史が始まります。実用性と大衆性に重点を置いた姿勢を徹底し、技術革新にもひじょうに積極的でいまや世界中に50点以上の直営店をもつ一大人気ブランドとなています。
B&G-ビングオーグレンダール
B&G - ビングオーグレンダール
世界でもっとも古くからイヤープレートを制作しているデンマークのビングオーグレンダールは現在ではロイヤルコペンハーゲンによって引き継がれています。
FEILER-フェイラー
FEILER-フェイラー
厳選された上質の綿による「シュニール織り」。10数回の工程を経て織り上げるフェイラーは使うほどに柔らかな風合いに。
色落ちしにくい実用性も見逃せません。日本でも最高級タオルとしてのブランド力が定着しています。
HUTSCHENREUTHER-フッチェンロイター
HUTSCHENREUTHER-フッチェンロイター
1814年、ドイツ初の私企業陶磁器メーカーとして生まれたのがフッチェンロイターです。
カルル・マグヌス・フッチェンロイターは自分の手で磁器を作りたいという熱意によりバイエルン王に王立以外の開窯を認めさせました。
HOCHIST-ヘキスト
HOCHIST-ヘキスト
ヨーロッパ三番目の名窯ヘキストは完全受注生産体制の伝統的ブランドです。少数精鋭の職人による手作りの作品は精緻で芸術的仕上がりを見せます。
下書きすることなくそれぞれのペインターの感性を活かした手描きが駆使される希少性の高いブランドです。
HEREND-ヘレンド
HEREND-ヘレンド
ハンガリーの首都ブダペストの小さいな村で1826年シュティングル・ヴィンツェ・フェレンツによりヘレンド窯が開窯された。
当初は、アウガルテンのNo2的存在でしたが19世紀半からのロンドン博やパリ博で数々の栄誉を獲得し一流の人気窯となり現在に至っています。
PORTMEIRION-ポートメリオン
PORTMEIRION-ポートメリオン
1960年にエリス夫妻によって設立されたポートメリオンは1972年に発表したボタニックガーデンの大ヒットで一躍有名になりました。
魅力溢れるアイテムのラインアップは世界50ヶ国に輸出されています。
BOHEMIA-ボヘミア
BOHEMIA-ボヘミア
クリスタル芸術の最高傑作。透明度の高い美しい光沢、レース模様のカットクリスタルは洗練されたデザインと名匠たちの繊細なタッチによってクリスタルガラスの美しさが最初も精緻に表現されています。
現在でもクリスタルブランドとして世界で高い評価を受けています。
MEISSEN-マイセン
MEISSEN-マイセン
ヨーロッパ最初の硬質磁器窯。マイセンなくしてヨーロッパの磁器文化を語ることはできません。完璧なまでの品質と技術の伝承。トレンドを採り入れながらも流されない伝統的スタイル。
300年トップに位置する理由は作品群のクオリティの高さにほかなりません。
MEISSEN CRYSTAL-マイセンクリスタル
MEISSEN CRYSTAL-マイセンクリスタル
18世紀、硬質磁器の製作に成功したマイセンの地にクリスタルの技術も開花していきました。 優れた品質と美しいカッティングの細工を施したマイセンクリスタルですが、マイセン窯と密接な関係を持ち、マイセンの熟練の技を受け継ぎ磁器に描かれた絵をクリスタルにエングレーブしています。
MINTON-ミントン
MINTON-ミントン
ヴィクトリア女王が「世界でもっとも美しいボーン・チャイナ」と絶賛したミントンの創業は、1793年。創業者トーマス・ミントンにより創立されました。
やがてミントンの名を広く知らしめたのは2代目ハーバートで絵付けや金のエッチングといった新しい手法を取り入れて次々に作品を制作していきました。
MOSER-モーゼル
MOSER-モーゼル
…150周年を迎えました。
LALIQUE-ラリック
LALIQUE-ラリック
天才芸術家ルネ・ラリックに始まるラリックの歴史は二代目息子のマーク、三代目孫娘マリークロードに受け継がれています。
時代の要請に順応そながらも独自のスタイルをつねに保つ作品群は芸術的センスを重要視するラリックの真骨頂といえます。
RICHARD GINORI-リチャードジノリ
RICHARD GINORI-リチャードジノリ
1735年創業。年代的に古い方で18世紀の開窯以来、素材や絵柄は古くからの伝統を今でも忠実に継承しているイタリア随一の名窯です。
1760年頃に製作された「イタリアンフルーツ」はとても230年前のものとは思えない新鮮さでジノリを代表するロングセラーとなっています。
RIEDEL-リーデル
RIEDEL-リーデル
リーデルの歴史は250年にわたりますが20世紀半ばの九代目クラウス・リーデルによるワインとの調和を目的に開発されたソムリエシリーズの発表がワイングラスメーカーとしての一大転機となります。十代目ゲオルク・リーデルもその方針をさらに推進し今やリーデルのグラスはワインの種類別グラスのスタンダードともなっています。
LLDARO-リヤドロ
LLDARO-リヤドロ
リヤドロは1950年にリヤドロ三兄弟により創業されました。
スペイン・バレンシア市にほど近い地中海沿岸のアルマセラ村にある自宅の中庭に小さな窯を築いたのが始まりです。一つひとつが優美で表情豊かで、細かい部分まですべて手作業なので生命が宿っているかのように見えます。
LINDNER-リンドナー
LINDNER-リンドナー
ドイツババリアのリンドナーはマイセンの流れをくむ伝統的技法による少量生産の手作り磁器窯です。
職人の誠実な作りこみが独特の温かみと愛着を生み出します。一点単位からの受注生産にも応じる昔ながらのシステムも魅力です。
LE CREUSET-ルクルーゼ
LE CREUSET-ルクルーゼ
おしゃれで実用的なルクルーゼの鍋は魅せる鍋でもあります。
実用性はもちろんのことそのままテーブルにサービスできる楽しさと飾りたくなるかわいらしさを合わせもつアイテムです。両面でお料理を引き立てるおすすめブランドです。
REUTTER-ロイター
REUTTER-ロイター
50年以上の歴史をもつミニチュア陶器専門メーカーのロイターはすべての作品をドイツの自社工房で専属職人によって制作しています。
そのこだわりのアイテムの数々は世界中のミニチュア愛好家に高い評価を得ています。
ROYAL ALBERT-ロイヤルアルバード
ROYAL ALBERT-ロイヤルアルバード
1896年に創業するなり翌年のビクトリア女王即位50周年記念品を制作する栄誉に浴したロイヤルアルバート。
ROYAL WORCESTER-ロイヤルウースター
ROYAL WORCESTER-ロイヤルウースター
英国における陶磁器メーカーのさきがけとなったウースターは18世紀後半に高級路線に切り替え、1789年にジョージ三世に王室御用達に任命され黄金期を迎えます。名作ペインテッドフルーツは現在も制作されており珠玉の名品となっています。
ROYAL CROWN DERBY-ロイヤルクラウンダービー
ROYAL CROWN DERBY-ロイヤルクラウンダービー
1773年にジョージ三世から「クラウン」、1890年にビクトリア女王から「ロイヤル」の称号を拝命し、英国王室御用達窯の地位をゆるぎないものとしている。
1775年に発表したイマリ(ジャパン)は英国に東洋ブームをもたらした名品。
ROYAL COPENHARGEN-ロイヤルコペンハーゲン
ROYAL COPENHARGEN-ロイヤルコペンハーゲン
創設以来2世紀に渡って王室と深いつながりを持つ名窯であることは有名です。
ロイヤルコペンハーゲンが世界に知られるようになったのは1855年にアートディレクターに就任したアーノルド・クローの功績によります。
ROYAL DOUKTON-ロイヤルドルトン
ROYAL DOUKTON-ロイヤルドルトン
ロイヤルドルトングループとしていまやミントン、ロイヤルクラウンダービー、ロイヤルアルバートなどを傘下におさめ英国最大規模の陶磁器メーカーとなっています。反面ロイヤルドルトンブランド自体の作品は寡作になりつつあります。
ROSENTHAL-ローゼンタール
ROSENTHAL-ローゼンタール
19世紀末開窯の比較的新しいローゼンタールはつねに斬新なデザインを提案する特徴的な名窯です。
芸術と実用品の融合を目指したスタジオラインは各方面の芸術家を招聘し新たなデザインを提示するローゼンタールの代表的な作品群となっています。
LOBMEYR-ロブマイヤー
LOBMEYR-ロブマイヤー
ロブマイヤーはハプスブルグ家ご用達の栄誉を授かるオーストリアのもっともグレードの高いクリスタル工房です。
■実店舗ブログ - 店舗独自のキャンペーンなどお得な情報をお知らせしております。