洋食器 | ヨーロッパ輸入洋食器専門店 | 株式会社 創美

HOME洋食器情報館贈り物の常識 > 新築祝のマナー

【新築祝のマナー】

家を新築するのは、大きな買い物です。一生に一度の大きな買い物といっても過言ではありません。友人や家族・親戚・会社関係の方など、贈る相手によって、新築祝いのお祝いの仕方は変わってきます。
マナーや常識を知って、おめでとう、良かったねの気持ちを込めて、相手に喜ばれるお祝いをいてあげましょう!

新築祝いを贈る時期

新築披露の当日に持参するのが一般的ですが、大きな贈り物の場合は、招待された日の前日までに届くように手配しましょう。

先に贈ってしまうと、先方はお返しに新居に招待しなければと重荷になってしまうかもしれません。
何を贈るか迷った場合は、当日に花や菓子などを持参し、希望を聞いて後日贈るという方法もあります。

新築祝のタブー

火事を連想する「ストーブ」・「灰皿」などを新築祝として贈るのはタブーとされています。
同じように、火事を連想してしまうという意味で、「赤色」のものもタブーです。お花を贈る場合なども、赤いお花は避けてください。

また、趣味性の高い絵、家具などのインテリア用品を贈る際には、相手の希望や好みをわかっている場合のみにしましょう。

新築祝いの相場(金額)

何かと物入りの時なので、親しい間柄ならば現金を贈ってもよいでしょう。
お祝い金は友人ならば一万円、身内ならば三万円が相場です。
紅白の蝶結びの水引きで、「祝御新築」「祝御完成」または「御祝」と書きます。

あなたより目上の方に対して新築祝いを贈る場合は、現金や商品券は避けましょう。
とても便利な贈り物ですが、目上の方に対しては失礼にあたります。

お返しについて

新築披露にご招待することが、お返しとなります。
あらためて、お返しをする必要はありません。

新築披露にこられなかった方で、高価なものをいただいた場合は、水引が紅白の蝶結びののし紙を使い、「新築内祝い」または「内祝」とし、名字または、世帯主の名前を記入します。お返し金額の目安は、1/3から半額程度で準備しましょう。

おすすめ新築祝

住まいが変わるとインテリアも一新したくなるもの。
そこで新築のお祝いならフラワーベース、フォトフレーム、絵皿など飾れるアイテムがおすすめです。おしゃれな小物や置物ほど、ある意味贅沢ですから贈り物にも人気です。

■実店舗ブログ - 店舗独自のキャンペーンなどお得な情報をお知らせしております。