洋食器 | ヨーロッパ輸入洋食器専門店 | 株式会社 創美

HOME洋食器情報館引出物の常識 > 引出物のご予約方法

【結婚式の引出物】

結婚式の引出物は披露宴に出席してくれたお礼の意味をこめて贈るものです。
せっかくの贈り物ですので、本当に喜ばれる物を選びたいものです。

招待客全員に喜んでいただけるものとなると、とても品物を選ぶのは大変かと思われます。 最近では、若い方、年配の方などで数パターン準備される方も多いです。

記念品に和菓子などの菓子折(引き菓子ともいう)を添えるのが一般的です。
「引菓子」には式に参列した方々のご家族へのお土産という意味があります。

※引出物については、地域により異なることが多いので両家で話し合いが大切です。

実践的引出物の選び方 ポイントその1

種類は1つに絞るのがベストです。

これでだいぶん楽になります。

なるべく有名なブランドを選ぶか、使いやすいものを選びましょう。
一人でも多くの方にわかっていただくか、使っていただくかをポイントにすれば選びやすいです。
「△△のおばあちゃん、ウェッジウッドってわかるかしら?」
いいんです。それで。

実践的引出物の選び方 ポイントその2

一般的に有名か、用途が広いかの視点で選びましょう。

これでだいぶん選びやすくなります。

いいんですがこれからは世間があります。
ご両家のご両親やうるさがたのご親戚があるときは、二人で決めるということや
こういうものにすることを事前に報告しておきましょう。

実践的引出物の選び方 ポイントその3

二人で選ぶことの事前の了解を得ておきましょう。

「何を選んだ」より「勝手に選んだ」が気になる人がいるかもしれません。

今までのことがOKならあとは予算が大事ですね。

ほとんどの式場は1件当たり500円前後の持込料金がかかります。

洋食器の創美で選ぶなら1000円から5000円の余裕ができますし、すでに一般的な引出物よりグレードの高いものから選んでいることになります。

上をみたらきりがありません。

実践的引出物の選び方 ポイントその4

予算に余裕のあるものも考えてみましょう。

余ったら、二人だけのために使えばいいんです。

ここまできたらあと少しです。

早く多めに抑えることが一番大事です。

洋食器の創美は、日本全国13店舗+ネットショップが同じメニューで引出物を承っています。

午前中のご商談分でその日の夕方に決定のご連絡をいただいたのにその数時間でご用意できずに違う候補になってしまうことは私も何度も何度も経験しています。

そんなことがあるのでついつい「お早めに」って。

「早く決めていただこう」とかの商売根性ではないんですよ。ほんとに。
気に入っていただいたものにして差し上げたい気持でいっぱいだからなんです。

招待状が返信されてくる10日から1週間前でないと正確な数はわかりません。
それよりずっと前に決めるわけですから多めに抑えましょう。

ご精算時に減るのはちっともかまいません。
むしろ追加のご要望のほうが困ります。

実戦的引出物の選び方 ポイント5

第一候補が決まったら、早く多めに抑えましょう。

変更はいつでもできます。

ここまでくればそれこそあとはおまかせです。
いろいろ準備に忙しいお二人は一安心。
正式な数が決まった時にご精算いただくだけです。

創美(SOHBI)について

ご予約は基本的に挙式日の6ヶ月〜1ヶ月前まで。ご予約時に3割以上のお内金を頂戴致します。

商品は多少多めにご予約頂き、数量を減らして頂いてのご清算になりますので、数量確定後、総額からお内金分を差し引いた分のご清算になります。後日ご予約数量が減ってもキャンセル料は頂きませんのでご安心下さい。

包装代、のし代無料でサービスさせて頂きます。(但し、箱代は商品により頂く場合がございます)
ご発送につきましては式場と最終打ち合わせの際に着日指定の指示がございますので、あらかじめご連絡下さい。お客様のご指定に合わせてご納品させて頂きます。

  • ご予約期日 : 挙式日の6ヶ月〜1ヶ月前
  • 送料 : 30個以上の場合、1個当り94円(税込)の送料を申し受け致します。
  • のし / ラッピング代金 : 無料
  • 箱代 : 基本的に無料(商品によりかかる場合もございます)

ご質問、ご相談は「0120-52-1270」洋食器の創美にお気軽にお問い合わせください。

■実店舗ブログ - 店舗独自のキャンペーンなどお得な情報をお知らせしております。